マルヤマエクセル株式会社
マルヤマの高圧ポンプ・ポンプユニット・高圧洗浄機・
高圧洗浄装置・清掃機器・環境機器・丸山の消火器・
防災用品・消防用品・防災設備機器の
マルヤマエクセル(株)のホームページです。
東証1部上場の(株)丸山製作所の100%出資子会社です。
HOME 産機事業部 防災事業部 会社案内 新着情報 お問い合わせ
産機事業部
 
吸水配管設計のアドバイス
吸水条件チェックリスト   
  不適切な吸水条件を放置すると最適条件に設計されたポンプと周辺機器の機器性能を発揮できないばかりでなく、機器損傷の原因になります。
  
吸水と給水  
吸水バルブが閉まった状態で運転することは出来ません。
吐出バルブを締めた状態で長時間運転すると、吸水配管の温度が上がりポンプの損傷を招きます。
気泡の発生している水を吸水するとポンプの損傷を招きます。給水ポンプを取り付ける必要があります。
高粘度の液体を吸水させるときは、給水が必要です。
高温水を吸水させる時は、給水が必要です。
吸水タンクは6〜10分の毎分吸水量に見合うタンク容量が必要です。
吸水タンクへの補給水や調圧弁余水からの泡をポンプ吸水口から引き込まないように、タンク内には遮蔽板を設けてください。
ポンプのメンテナンスを容易にするためにタンクとポンプの間に、バルブを取り付ける必要があります。バルブはフルボアタイプで配管と同径か1サイズ上にする必要があります。
  
配管サイズ  
配管サイズは、吸水口径と同サイズか1つ上のサイズが必要です。
吸水配管は単純であるほど問題が起きません。90度エルボーよりも45度エルボーの方が吸水条件が良くなります。エルボーはつけてない方が最適です。数は少ない方が条件が良くなります。
吸水配管には、フレキシブルホースが必要です。固定配管だけではポンプの振動を吸収出来ませんし、キャビテーションの発生の恐れがあります。また吸引によってつぶれるホースでは問題が起きます。
配管の漏れやエアの噛み込みは極力避けなければいけません。
 
給水圧力
高温水・高回転でポンプを使用する時は、給水が必要条件です。吸水だけでは不十分です。
給水させる時は、0.14MPa以下に給水圧力を調整すると吸水側シールの寿命を長持ちさせることが出来ます。最大の給水圧力は、0.4MPaです。
  
吸水のアクセサリー  
吸水ストレーナーは必ず取り付けて下さい。40メッシュのストレーナーを通過した異物はポンプのどこにも引っ掛からずにポンプを素通りします。思わぬ異物の混入でポンプを破損させない為にストレーナーは必要です。
40メッシュの目開きはポンプ保護の目的です。洗浄液に混入している切粉などでシールパッキンの寿命が低下する場合は、更に細目のストレーナーか、フィルターの取り付けが望まれます。フィルターの設置ではバックアップポンプが必要です。差圧計を付けて常に給水圧力の管理をする必要があります。
  
キャビテーションダメージ  
下記の1つまたは複数の要件があるとキャビテーションを原因とする不具合が発生します。対策が必要です。キャビテーション現象を放置するとポンプ寿命を著しく短くします。
  
現われる症状
望まれる対策
吸水配管が細い
太くする
ウォーターハンマー
フレキシブル配管を敷設する
圧力振動
フレキシブル配管が必要
エルボーが多い
エルボーを減らす
配管のエアリーク
パッキン・シールの点検
ポンプ回転数が高い
バックアップポンプが必要
液温が高い
バックアップポンプが必要
フィルターの詰まり
フィルターの表面積を広くする

 
 
マルヤマエクセル株式会社
〒101-0047  東京都千代田区内神田3-4-15
 TEL.03-3252-2283 FAX.03-3252-2284
ページトップに戻る
個人情報保護方針について